妊娠線予防クリーム

妊娠線予防クリームはお腹が膨らみ始めたらすぐに使いましょう

私は3人の子を出産してきましたが、お腹に妊娠線が一切できていません。

 

その理由はお腹の膨らみ始める妊娠3ヶ月目ぐらいから、肌の伸びを良くしてくれる妊娠線予防クリームを使い続けていたからです。

 

この妊娠3ヶ月目あたりから使い始めるってのがポイント!

良い妊娠線予防クリームを選ぶことが大切

自分の周りの妊婦さんは妊娠6ヶ月目以降に妊娠線予防クリームを塗っていましたが、その頃にはすでに妊娠線がうっすらとできてしまっていた方が結構いたんです。

 

自分は早い段階で塗っていたので妊娠線ができていないので、後悔したくない方は今すぐにでも対策をしておきましょう。3人出産しても妊娠線がない私が言うんですから本当に信じてほしいです。

 

私が妊娠線予防クリームを選ぶ際に重視していること

私は様々な妊娠線予防クリームを試してきましたが、その中で本当に良いと思ったクリームには以下のポイントがあります。

  1. 保湿力が高い
  2. 匂いが気にならない
  3. クリームの伸びがいい

一番目の「保湿力」ですが、妊娠線予防のためには肌の潤いを保ってくれる効果の高いクリームは必須です。

 

妊娠期間が長くなるにつれて、お腹の皮膚は引っ張られ保湿力が低下するため、おへそ周辺は特に妊娠線ができやすくなります。

 

ネットで妊娠線ができた方の写真を見ると分かりますが、おへその周辺に赤い妊娠線が毛細血管のようにはっきりとできてしまっているので、これを見ると「絶対に妊娠線なんて作りたくない」と感じるはず。

 

安物のクリームでいくら対策をしてもほとんど効果はないので、ちゃんといい成分が含まれるクリームを使うことが大切。

 

二番目の「匂い」ですが、妊娠線予防クリームはお腹の広い範囲に塗るので、匂いが強いものだとその分周りの人に気づかれやすくなります。そのため、私はできるだけ無臭に近いクリームを好んで使っていました。

 

三番目の「クリームの伸び」ですが、これは伸びがいいものほどコスパが良いということ。妊娠線予防クリームは値段が若干高いので伸びが悪いもの買ってしまうとすぐに使い切ってしまいますよ。

 

妊娠線予防クリームランキング

マタニティクリーム

マタニティクリーム

マタニティクリームは今までに使った妊娠線予防クリームの中で最もよかったクリームです。初めてクリームを買う方はこれを選んでおけば大丈夫ですよ。
肌のめぐりを良くする葉酸が含まれているのでしっかりと対策ができ、やさしいアロマの香りがするのでリラックス効果も得られます。
また、無添加ということもありとっても肌にやさしい特徴があります。

3児のママがおすすめする妊娠線予防クリームランキング

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームにも葉酸が含まれているので、肌を引き締める効果が期待できます。肌の奥まで届くシラノール誘導体という成分も含まれているので、肌の真皮レベルで対策が可能なんです。
ただし、初回は安いけど二ヶ月目以降がものすごく高いからお金に余裕のある方が使うのが良いですよ。(私は高くて途中でやめてしまいましたが)

3児のママがおすすめする妊娠線予防クリームランキング

メイドバイマムクリーム

メイドバイマムクリーム

メイドバイマムクリームは肌のことを考えて植物由来の天然成分をたっぷりと使用しています。具体的には保湿を高めるサクラの葉や大豆のエキスが豊富です。また、ヒアルロン酸も配合されているから美肌をサポートしてくれます。

3児のママがおすすめする妊娠線予防クリームランキング

以上、3つの妊娠線予防クリームを紹介しましたが、この中では1位の「マタニティクリーム」が断トツでおすすめですね。
一本2800円なので他の妊娠線予防クリームに比べてかなり安いというのもポイント。

 

一ヶ月で使い切ることができるぐらいの量が入っているので、妊娠3ヶ月目から10ヶ月目まで使ったとしたら7本分で「19600円」で済みます。

 

他のクリームは一ヶ月目は安くても二ヶ月目以降は6000円から7000円ぐらいになるから、妊娠3ヶ月目から10ヶ月目まで使うと5万円ぐらいかかってしまいます。

 

だからこそ、私はマタニティクリームをおすすめしているんです。

妊娠線予防クリームはマタニティクリームがおすすめ

>>マタニティクリームの公式サイトはこちら

妊娠線予防クリームはお腹以外にも塗るのが大切

妊娠線予防クリームはお腹にだけ塗っておけばいいと思っていませんか?実はお腹だけだとダメなんです。

 

お腹が膨らむにつれて太もも・お尻・胸・腰の皮膚が引っ張られるので、その部分にもクリームを塗っておいた方が妊娠線ができる可能性を低くすることができます。

 

手間が若干かかりますが、きちんとあらゆる部分に塗っておくことで不安が減るのでおすすめです。

 

妊娠線予防でよくある疑問

妊娠線予防はクリームとオイルのどちらを使えばいいのか迷っています。

私は一人目の子を妊娠した時に最初はオイルを塗っていました。オイルということもあり、肌がテカテカした状態になり保湿効果は高かったんですが、べたつきが気になってしまうんですよね。長期的に使うのは無理だと判断しクリームに切り替えましたが、べたつきがないので非常に良かったです。

妊娠線予防クリームだけの対策で本当に大丈夫?

基本的に妊娠線予防クリームを毎日塗っておけば問題ありません。ただ、不安な方は肌の生成を促すビタミンCやコラーゲンを摂取しておくといいですよ。

すでに妊娠線ができてしまっているんですがどうしたらいいでしょうか?

妊娠線ができてしまったとしても、消えることがないわけではないから焦りすぎないことです。肌の細胞は時間とともに入れ替わっていくので、妊娠線の部分も徐々に薄くなっていきます。ただし、完全に妊娠線が消えるには時間がかかるので、クリニックでレーザー治療を行うという手もあります。また、妊娠線予防クリームを毎日塗ることを欠かしてはなりません。そうしないとさらに妊娠線ができてしまうからです。

出産した後に余った妊娠線予防クリームはどうしたらいい?

妊娠線予防クリームって普通のクリームに比べて高めだから、そのまま捨てるのはもったいないと感じるはずです。私は産後もお腹周りに塗ることでうるおいのある肌を維持していたので、余った時には実践してみてください。

関連サイト

個人の方がおすすめの妊娠線予防クリームをご紹介されています。
e-妊娠線クリーム.xyz